Web Analytics Made Easy - Statcounter
閉じる
  1. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ…
  2. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと…
  3. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状…
閉じる
閉じる
  1. ハローワーク職業相談って何話すの?!不安にならないために知るべき6項目…
  2. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ…
  3. 派遣社員で働いたら業務内容が違う!派遣で失敗!働いた後するべきこと5選…
  4. ウェブ解析士フォローアップテスト受験しました!2021年度11月更新【…
  5. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状…
  6. インデードからSNSへ誘導|ネットショップ副業の裏側を探ってみた
  7. キーネットワーク株式会社 在宅コールスタッフバイト求人に応募してみた|…
  8. ハローワークカラ求人に引っかからない為の3つの見極め方【体験談あり】
  9. 【体験談】ハローワークパソコン教室へ通う前に伝えたい4つのメリット|1…
  10. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと…
閉じる

50代からの生活チャネル

アメリカでの就職にはソーシャルメディアを活用する

アメリカの就職活動では、インターネットの活用度合いが高いといいます。

最近は会社によって、必要書類を提出したりエントリーするのはメールになっています。

採用面接は電話やスカイプを使うというところもあります。

アメリカの国土が広大であることや、人材を世界各地から採用することがあることに関係しています。

アメリカの都市はニューヨーク、ロサンゼルス、シリコンバレーと国内に散らばっています。

採用面接をうけるごとにそれぞれの都市まで出かけるとなると、大変なことになるのが飛行機の費用です。

最近ではFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアが就職活動で活用されています。

ある調査では、ソーシャルネットワークを活用して就職活動をすることで、採用の可能性がもっと高くなるということが分かっています。

最近は、ソーシャルメディアを利用すれば世界中のどの人とでも3人を介せばつながれるという学説もあります。

アメリカの就職では、本当に必要な情報は公開情報にはならず、人づてで伝わると言われています。

企業もソーシャルメディアを積極的に使って人材を探しています。

就職のチャンスをアメリカでつかむために大切なことは、ソーシャルメディアを利用してセルフブランディングを高めておくことなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 転職理由の上位にある残業の多さについて

  2. 高い収入が得られる職業とは

  3. 転職支援サービスとは

  4. 就職と職業適性検査

  5. 日払いの仕事のメリットとデメリットについて

  6. 転職のための求人の探し方

おすすめ記事

  1. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ発言
  2. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状売れていません
  3. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ハローワークの職業相談ってなによ?って不安になりませんか?とくに、初めて受けるときは、とても不安です…
  2. 本当にあった話です。タイトルを見た瞬間、2か月で同じ会社を2回辞めったってどういうこと?と思…
  3. インターネットで調べていると、派遣社員で派遣されたことはいいけど、業務内容が違ったというケース沢山あ…
ページ上部へ戻る