Web Analytics Made Easy - Statcounter
閉じる
  1. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと…
  2. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ…
  3. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状…
閉じる
閉じる
  1. ハローワーク職業相談って何話すの?!不安にならないために知るべき6項目…
  2. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ…
  3. 派遣社員で働いたら業務内容が違う!派遣で失敗!働いた後するべきこと5選…
  4. ウェブ解析士フォローアップテスト受験しました!2021年度11月更新【…
  5. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状…
  6. インデードからSNSへ誘導|ネットショップ副業の裏側を探ってみた
  7. キーネットワーク株式会社 在宅コールスタッフバイト求人に応募してみた|…
  8. ハローワークカラ求人に引っかからない為の3つの見極め方【体験談あり】
  9. 【体験談】ハローワークパソコン教室へ通う前に伝えたい4つのメリット|1…
  10. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと…
閉じる

50代からの生活チャネル

男性と女性の求人案内について

男性でも女性でも、求人を探す人は多いようです。

何らかの事情で仕事探しをしている男性ならば、求人情報を絶えずチェックしているでしょう。

求人欄に並ぶ情報を見ても、男性と女性のどちらが対象なのか明確になっていないことがあります。

男女機会均等法が施行されて以来、企業が出す求人欄には男性だけ募集、女性だけ募集という書き方をしてはいけないということになっているのです。

社風の説明欄などに、多くの男性社員がいます、多くの女性社員がいますといったアピール文がある場合、実はどちらの性別に対する求人なのか匂わせていることもあります。

男性でも女性でも、どちらでも構わない求人ですよという書き方をしないと求人は掲載できません。

ただし、男性が活躍していますという表記をしている場合、男性のみを必要としている場合もあります。

採用する企業としては、最初から男性を採用するつもりで求人を出しているわけです。

女性が求人を見て連絡をしてくることはあるでしょうが、会社は頃合を見計らって不採用の返事をするだけです。

どうして不採用にするかについては、説明義務はありません。

男性か女性、どちらかを想定して出された求人かは、雰囲気で察するしかないようです。

求人を出した側が意図した性別ではない人が応募してきた時は、書類選考や面接の早い段階で採用不可の連絡をすることになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 人材採用をする企業は面接を重視

  2. 求人情報と人材会社

  3. 下肢障がい者の就職

  4. 自宅で仕事する場合の注意点

  5. ネットの求人情報で仕事を探すとき

  6. 仕事のストレスの原因

おすすめ記事

  1. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ発言
  2. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状売れていません
  3. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ハローワークの職業相談ってなによ?って不安になりませんか?とくに、初めて受けるときは、とても不安です…
  2. 本当にあった話です。タイトルを見た瞬間、2か月で同じ会社を2回辞めったってどういうこと?と思…
  3. インターネットで調べていると、派遣社員で派遣されたことはいいけど、業務内容が違ったというケース沢山あ…
ページ上部へ戻る