Web Analytics Made Easy - Statcounter
閉じる
  1. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状…
  2. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ…
  3. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと…
閉じる
閉じる
  1. ハローワーク職業相談って何話すの?!不安にならないために知るべき6項目…
  2. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ…
  3. 派遣社員で働いたら業務内容が違う!派遣で失敗!働いた後するべきこと5選…
  4. ウェブ解析士フォローアップテスト受験しました!2021年度11月更新【…
  5. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状…
  6. インデードからSNSへ誘導|ネットショップ副業の裏側を探ってみた
  7. キーネットワーク株式会社 在宅コールスタッフバイト求人に応募してみた|…
  8. ハローワークカラ求人に引っかからない為の3つの見極め方【体験談あり】
  9. 【体験談】ハローワークパソコン教室へ通う前に伝えたい4つのメリット|1…
  10. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと…
閉じる

50代からの生活チャネル

仕事探しの方法と就職活動

完全失業率は高い数字で維持しており、長引く不景気の中、仕事探しは大変な状況にあります。

経済状況が低迷すれば会社の業績は下がり、儲けの見込がなくなれば求人が減ってしまうのは当たり前です。

多少忙しくなったとしても、先行きが分からない為、人を採用するまでには至らず、現状の人員でどうにか対応しようと努力するケースがほとんどです。

求人が増えないだろうと思われている環境下で仕事探しをするのは、難しいものがあります。

一般的に仕事探しというと、ハローワークや求人雑誌などを使ったり、インターネットの求人サイトを使う方法があります。

それぞれの方法には一長一短がありますので、特徴を理解する必要があります。

ハローワークを使って仕事探しをする場合、地元に密着している中小企業などの求人情報が多く、外資系企業や上場企業の募集はあまりありません。

ハローワークでは、全国展開している国内大企業の求人を探そうとしても、見つけにくいものです。

反対にインターネットを利用した仕事探しの場合は、外資系企業や有名企業などの求人情報が多く掲載されています。

大企業に入りたい人は、ネットを活用するといいでしょう。

フリーペーパーなどの求人雑誌の場合は、アルバイトやパートの情報が多く、飲食店や小売店などのサービス業の求人情報が多い傾向があります。

どんな方法で求人チェックをすると、自分のつきたい仕事探しができるか見極めることが、効率的な就職活動をするためのコツです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 転職するのに資格があると有利になるのか

  2. 転職サイトの上手な利用方法について

  3. 求人広告の待遇について

  4. 転職のノウハウや情報を活用しよう

  5. 人材紹介のサービスを利用して転職する方法

  6. 面接で採用されるために必要な事とは

おすすめ記事

  1. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ発言
  2. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状売れていません
  3. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ハローワークの職業相談ってなによ?って不安になりませんか?とくに、初めて受けるときは、とても不安です…
  2. 本当にあった話です。タイトルを見た瞬間、2か月で同じ会社を2回辞めったってどういうこと?と思…
  3. インターネットで調べていると、派遣社員で派遣されたことはいいけど、業務内容が違ったというケース沢山あ…
ページ上部へ戻る