Web Analytics Made Easy - Statcounter
閉じる
  1. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと…
  2. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状…
  3. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ…
閉じる
閉じる
  1. ハローワーク職業相談って何話すの?!不安にならないために知るべき6項目…
  2. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ…
  3. 派遣社員で働いたら業務内容が違う!派遣で失敗!働いた後するべきこと5選…
  4. ウェブ解析士フォローアップテスト受験しました!2021年度11月更新【…
  5. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状…
  6. インデードからSNSへ誘導|ネットショップ副業の裏側を探ってみた
  7. キーネットワーク株式会社 在宅コールスタッフバイト求人に応募してみた|…
  8. ハローワークカラ求人に引っかからない為の3つの見極め方【体験談あり】
  9. 【体験談】ハローワークパソコン教室へ通う前に伝えたい4つのメリット|1…
  10. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと…
閉じる

50代からの生活チャネル

希望する人材が集まる求人募集の内容とは

求人の要項を作成し、求人の掲示をしてくれるところに登録することが、求人を担当する人の仕事です。

今まで人事の仕事をしたことがないという人は、どんな手順で採用をかければいいのか、判断がつかないこともいます。

その際には、人事の担当者自身が人材の募集情報を探し求めていた時期の記憶をたどると、どのような内容にすればいいのかが浮かんできます。

自分の経験したことを振り返ることが、求人情報を作成する時に役立つものです。

勤続年数が長く、応募した時のことをほとんど覚えていないという人は、作業内容が雲を掴むような話になってしまいます。

人材を募集するときに応募者の目線になることが難しいのであれば、最低限心がけておきたいポイントを押さえておくことが肝心です。

もしも、求めている人材について明確に書くことができるなら、はっきりと書くようにするといいでしょう。

はっきりとしたことが書かれていると、応募をする側もどんな仕事をすることになるか想像しやすくなります。

業務を遂行するにあたり必須のスキルがあるにもかかわらず、不明瞭な求人情報によって人材を募集することは避けなければなりません。

募集内容と応募者との間にギャップが生じて、担当者と応募者双方の時間が無駄になってしまいます。

企業側は、実績や経験がある人材を必要としていますが、応募をする側は経験がなくても採用してくれる企業を探しています。

このようなパターンでは採用試験の時間を設けても、お互いに納得できる結果につながることはありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 就職活動の面接でのアドバイス

  2. 求人サイトに登録して短期の仕事を探す方法

  3. 中高年の転職について

  4. 転職活動時における面接試験の辞退について

  5. 転職理由の上位にある残業の多さについて

  6. 転職をうまく進める為には情報収集が大切

おすすめ記事

  1. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ発言
  2. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状売れていません
  3. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ハローワークの職業相談ってなによ?って不安になりませんか?とくに、初めて受けるときは、とても不安です…
  2. 本当にあった話です。タイトルを見た瞬間、2か月で同じ会社を2回辞めったってどういうこと?と思…
  3. インターネットで調べていると、派遣社員で派遣されたことはいいけど、業務内容が違ったというケース沢山あ…
ページ上部へ戻る