Web Analytics Made Easy - Statcounter
閉じる
  1. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ…
  2. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状…
  3. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと…
閉じる
閉じる
  1. ハローワーク職業相談って何話すの?!不安にならないために知るべき6項目…
  2. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ…
  3. 派遣社員で働いたら業務内容が違う!派遣で失敗!働いた後するべきこと5選…
  4. ウェブ解析士フォローアップテスト受験しました!2021年度11月更新【…
  5. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状…
  6. インデードからSNSへ誘導|ネットショップ副業の裏側を探ってみた
  7. キーネットワーク株式会社 在宅コールスタッフバイト求人に応募してみた|…
  8. ハローワークカラ求人に引っかからない為の3つの見極め方【体験談あり】
  9. 【体験談】ハローワークパソコン教室へ通う前に伝えたい4つのメリット|1…
  10. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと…
閉じる

50代からの生活チャネル

アメリカでの就職について

アメリカの就職事情は、日本とは大きく違っています。

中でもとても違うと言えるのは、学歴がアメリカでの新卒者の就職にはとても重要だと考えられていることです。

日本では就職での学歴差別をなくすために、学歴を重視しない採用方法をとる会社が多く見られます。

大学院を卒業していても就職に有利になるわけではありません。

院卒者の初任給も新卒者と同じくらいという会社が一般的だといわれています。

日本の企業採用は、入社後伸びる可能性を重視し、業務知識の有無を問わないポテンシャル採用です。

それとは逆に、修士号や博士号を持っている方が就職に恵まれるのがアメリカです。

新卒者でも専門的な技術と実務経験を持っている、即戦力であることを重視します。

どんなことを大学で専攻していたかにも重点がおかれますし、成績もチェックされます。

アメリカでは銀行に採用される新卒者とは、ビジネス専攻、経済学専攻、ファイナンス専攻の人がほとんどです。

一方日本では、どの学部で学んだかはあまり重視されません。

アメリカの就職では大学時代の成績も重要なので、大学生は必死に勉強をします。

良い成績を得るためにも、大量の宿題をこなし、どんどん発言が求められる授業に出席し、レポートや課題をこなしていく日々が、アメリカでは就職に直結しているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 就職と経歴書の内容

  2. 高卒で就職する人の意識変化について

  3. 第二新卒で転職する人

  4. 求人広告の見方

  5. 職業の人気ランキングについて

  6. 正社員の求人を探すときの注意点について

おすすめ記事

  1. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ発言
  2. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状売れていません
  3. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ハローワークの職業相談ってなによ?って不安になりませんか?とくに、初めて受けるときは、とても不安です…
  2. 本当にあった話です。タイトルを見た瞬間、2か月で同じ会社を2回辞めったってどういうこと?と思…
  3. インターネットで調べていると、派遣社員で派遣されたことはいいけど、業務内容が違ったというケース沢山あ…
ページ上部へ戻る