Web Analytics Made Easy - Statcounter
閉じる
  1. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状…
  2. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと…
  3. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ…
閉じる
閉じる
  1. ハローワーク職業相談って何話すの?!不安にならないために知るべき6項目…
  2. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ…
  3. 派遣社員で働いたら業務内容が違う!派遣で失敗!働いた後するべきこと5選…
  4. ウェブ解析士フォローアップテスト受験しました!2021年度11月更新【…
  5. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状…
  6. インデードからSNSへ誘導|ネットショップ副業の裏側を探ってみた
  7. キーネットワーク株式会社 在宅コールスタッフバイト求人に応募してみた|…
  8. ハローワークカラ求人に引っかからない為の3つの見極め方【体験談あり】
  9. 【体験談】ハローワークパソコン教室へ通う前に伝えたい4つのメリット|1…
  10. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと…
閉じる

50代からの生活チャネル

就職と職業適性検査

どういった職業を目指すか迷った時などに、適正検査は有効です。

仕事を選ぶ時は、どんな仕事につきたいと思っているかや、どんな仕事が自分に合うかに基づいて決めるものです。

自己分析の結果を参考にして、どんな仕事が自分にとって適職かを見極めることが可能になります。

パーソナリティや興味、関心、能力などをデータ化し分析をするのが適性検査の基本的な考え方です。

対象人物の適正検査のデータと、各職業別に表した適正検査の結果のデータを照合することで、その人がどの分野に適しているかが分析できます。

適正検査を受けることで、どんな職業への適正があるかがわかります。

自己分析の結果と、適正検査の内容を比較してみて、自分のつきたい職業を考えてみるといいでしょう。

適正検査を受けたことがきっかけになって、自分の中の性質を理解できるようになったりもします。

自己分析は、就職活動を成功させ、その後も長く働き続けるためには、なくてはならないものです。

多角度から自己分析をするためには、適正検査を参考にすることはとても役立ちます。

適正検査を受けることで、これまで自分が意識していなかった得意分野に気づけたりします。

満足のいく就職先を見つけるためにも、どんな仕事につけば自分の能力が活かせるかを知っておくことです。

まだ希望の職種が決定していないという人は、ぜひ職業適正検査を利用するようにしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 就職の面接時には質問を用意しておく

  2. コンサルタントへの転職のコツ

  3. 求人広告の見方

  4. 採用につながる情報収集について

  5. ハローワークでの求人情報の探し方

  6. アメリカではインターンシップを利用しての就職を

おすすめ記事

  1. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ発言
  2. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状売れていません
  3. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ハローワークの職業相談ってなによ?って不安になりませんか?とくに、初めて受けるときは、とても不安です…
  2. 本当にあった話です。タイトルを見た瞬間、2か月で同じ会社を2回辞めったってどういうこと?と思…
  3. インターネットで調べていると、派遣社員で派遣されたことはいいけど、業務内容が違ったというケース沢山あ…
ページ上部へ戻る