Web Analytics Made Easy - Statcounter
閉じる
  1. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと…
  2. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状…
  3. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ…
閉じる
閉じる
  1. ハローワーク職業相談って何話すの?!不安にならないために知るべき6項目…
  2. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ…
  3. 派遣社員で働いたら業務内容が違う!派遣で失敗!働いた後するべきこと5選…
  4. ウェブ解析士フォローアップテスト受験しました!2021年度11月更新【…
  5. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状…
  6. インデードからSNSへ誘導|ネットショップ副業の裏側を探ってみた
  7. キーネットワーク株式会社 在宅コールスタッフバイト求人に応募してみた|…
  8. ハローワークカラ求人に引っかからない為の3つの見極め方【体験談あり】
  9. 【体験談】ハローワークパソコン教室へ通う前に伝えたい4つのメリット|1…
  10. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと…
閉じる

50代からの生活チャネル

アメリカではインターンシップを利用しての就職を

アメリカで新卒者が就職する時には、インターンシップの制度が重要な意味を持ちます。

このインターシップでは、企業などで学生が研修生となって働きます。

自分の適性を見極めたり、会社にアピールして就職につなげることです。

アメリカでは、学生インターンの多くは無給で、大学入学時から職場体験のために入ります。

アメリカでは、卒業までインターンを続けることで、正社員として必要なレベルまで能力を向上することができます。

夏休みを使って高校生のときから自分でインターンに参加する生徒も大勢いるのがアメリカの特徴です。

インターン先から有能と認められれば、そのまま内定をもらえるケースも少なくありません。

就職を有利にするためにインターンをしている学生が、アメリカではほとんどだといわれています。

アメリカでは新卒者といっても即戦力になれる人材を求めています。

学生のうちからインターンとして来てもらい、卒業までに即戦力として育成し、卒業と同時に採用するという方法がアメリカでは一般的です。

日本にもインターンの制度はありますがまだ一般的なものではなく、就職につながるケースはそれほど多くありません。

就職をアメリカでする場合には、かなり新卒採用とインターンは直結したものだといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. アメリカでの就職について

  2. 転職における履歴書の書き方と重要なポイント

  3. 就職の内定辞退の方法とは

  4. 面接で採用されるために必要な事とは

  5. ネットの仕事の種類

  6. 就職活動サイトの活用法

おすすめ記事

  1. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ発言
  2. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状売れていません
  3. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ハローワークの職業相談ってなによ?って不安になりませんか?とくに、初めて受けるときは、とても不安です…
  2. 本当にあった話です。タイトルを見た瞬間、2か月で同じ会社を2回辞めったってどういうこと?と思…
  3. インターネットで調べていると、派遣社員で派遣されたことはいいけど、業務内容が違ったというケース沢山あ…
ページ上部へ戻る