Web Analytics Made Easy - Statcounter
閉じる
  1. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状…
  2. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと…
  3. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ…
閉じる
閉じる
  1. ハローワーク職業相談って何話すの?!不安にならないために知るべき6項目…
  2. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ…
  3. 派遣社員で働いたら業務内容が違う!派遣で失敗!働いた後するべきこと5選…
  4. ウェブ解析士フォローアップテスト受験しました!2021年度11月更新【…
  5. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状…
  6. インデードからSNSへ誘導|ネットショップ副業の裏側を探ってみた
  7. キーネットワーク株式会社 在宅コールスタッフバイト求人に応募してみた|…
  8. ハローワークカラ求人に引っかからない為の3つの見極め方【体験談あり】
  9. 【体験談】ハローワークパソコン教室へ通う前に伝えたい4つのメリット|1…
  10. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと…
閉じる

50代からの生活チャネル

求人広告を掲載する時に注意すべき点について

求人広告を出す時には、募集要項を見やすく整理して、誤解がないようにしておくことが重要になります。

応募する側が確認したい情報と、求人を出す企業側が提示する情報にはミスマッチがあることが少なくありません。

求人を出す理由や、詳細な仕事の内容、必要となる能力などを書いておくことも参考になります。

求める人物像に合致する人がなかなか来ないのは、求人情報が不明瞭だからということがあります。

どういう人材を必要として求人を出したのかがそもそも不正確だったために、優秀な人材を得られずに終わるということがあります。

この頃の求人募集では、まず企業側から情報を出し、その条件に合致する人に来てもらうという方法が主流になっています。

最近は、応募者に対して求人のほうが多くなっており、優秀な人材を確保するためには企業側の努力が必須という状況になっています。

訴求力があり、会社の魅力を十分に発信できるような求人広告を出さなければ、優秀な人ほど他社に流れてしまいます。

年間休日数や、福利厚生についての記載の仕方も、給与の書き方同様、求人広告では大事なポイントです。

新しく仕事を探している人の中には、給与以上に、休日がどのくらい得られるかや、残業時間がどのくらいになりそうかを気にする人もいます。

多くの人に応募してもらいたいからといって、実態と異なる条件や仕事内容を提示すると、後日になってトラブルを引きおこしますので注意しましょう。

詳細な条件にわざと踏み込まないような求人広告を作成していると、後ろ暗いことがあるのではないかと思われてしまいますので、注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 転職活動と円満退職について

  2. 転職活動に便利な求人サイトを利用する方法

  3. 【注意】就職サイトを上手に活用して仕事探しを効率よく進める方法

  4. 就職活動は時代とともに変化している

  5. 面接試験での質問の内容について

  6. 【転職】自分に適した仕事をするには業界の選び方が重要

おすすめ記事

  1. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ発言
  2. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状売れていません
  3. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ハローワークの職業相談ってなによ?って不安になりませんか?とくに、初めて受けるときは、とても不安です…
  2. 本当にあった話です。タイトルを見た瞬間、2か月で同じ会社を2回辞めったってどういうこと?と思…
  3. インターネットで調べていると、派遣社員で派遣されたことはいいけど、業務内容が違ったというケース沢山あ…
ページ上部へ戻る