Web Analytics Made Easy - Statcounter
閉じる
  1. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状…
  2. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ…
  3. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと…
閉じる
閉じる
  1. ハローワーク職業相談って何話すの?!不安にならないために知るべき6項目…
  2. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ…
  3. 派遣社員で働いたら業務内容が違う!派遣で失敗!働いた後するべきこと5選…
  4. ウェブ解析士フォローアップテスト受験しました!2021年度11月更新【…
  5. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状…
  6. インデードからSNSへ誘導|ネットショップ副業の裏側を探ってみた
  7. キーネットワーク株式会社 在宅コールスタッフバイト求人に応募してみた|…
  8. ハローワークカラ求人に引っかからない為の3つの見極め方【体験談あり】
  9. 【体験談】ハローワークパソコン教室へ通う前に伝えたい4つのメリット|1…
  10. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと…
閉じる

50代からの生活チャネル

求人広告による人材募集をする時には

近年では、インターネットで求人広告を出すケースが増えているようです。

できるだけたくさんの人に求人広告を見てもらいたいならインターネットの求人サイトはとても便利ですし、応答もスピーディになるという長所があります。

何しろインターネット求人に対する応募は、その場で誰とも会話することなくできるので、応募する側に手軽さが加わります。

気になる求人があったらチェックしておき、求人情報画面から応募手続きをすることもできるので、気軽に手続きができます。

短い時間で、たくさんの人に情報を見てもらえますし、求人を出すとすぐに応募が得られるので、企業としても利点があります。

ただし、ネットの求人サイトの場合は、情報が古かったり、簡単に応募操作ができる分内容があやふやなことがあります。

ネット上の求人サイトに不安を感じるという場合には、従来からある新聞広告やハローワークの利用をおすすめします。

地元出身者から応募を募りたいという企業の場合は、配布地域が限られている新聞広告のほうが都合がいいようです。

ハローワークは公共機関なので無料で利用できますが、求人広告は掲載費用が必要になります。

求人広告を熱心に出しているにもかかわらず、昨今の人材不足が原因で、期待するほどの応募者が来てくれないというケースがあります。

せっかくお金を支払って求人広告を出しているのに、なかなか応募が来ないと、求人にお金を費やしている意味がありません。

広告掲載費が無駄にならないように、求人広告を出す時には内容を吟味するだけでなく、新聞やハローワークなど何に出すかも考慮してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 障がい者の就職について

  2. 仕事探しには求人サイトが便利

  3. 会社の情報を集めて採用につなげるには

  4. ネットでの仕事の目標

  5. 派遣の仕事のデメリットについて

  6. Iターン転職を成功させるには

おすすめ記事

  1. 2か月で同じ会社を2回辞めた!!契約内容や業務内容不一致そしてパワハラ発言
  2. スキルを売り買いココナラ|購入者および出品者になった感想(体験談)現状売れていません
  3. 【中途採用】ハローワークでの就職活動辛いと感じたとき4つのやるべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ハローワークの職業相談ってなによ?って不安になりませんか?とくに、初めて受けるときは、とても不安です…
  2. 本当にあった話です。タイトルを見た瞬間、2か月で同じ会社を2回辞めったってどういうこと?と思…
  3. インターネットで調べていると、派遣社員で派遣されたことはいいけど、業務内容が違ったというケース沢山あ…
ページ上部へ戻る